一級建築士事務所 ひらだて設計
WORKS
建築設計事務所の存在価値 -1-
まず、建物を建てる必要に迫られたら
1. マスタープランを作成します。(ここから設計事務所に依頼することをお勧めします。)
2. それに係る費用の概算を算出します。
3. 費用を用意出来るかどうか、プランと照らし合わせて検討します。
4. 大まかなプランと概算のめどを決めます。
5. 役所であれば通常ここで設計委託の発注です。(1番からの場合も当然有ります。)
6. 業務委託されたら(設計委託、監理委託と言います。施主に代わって業務を遂行します。あくまで施主側の立場で仕事をします。その契約です。)基本計画に入ります。
7. 基本計画を施主と打ち合わせしながらその方向を決定します。
8. 基本計画を基に施工者が見積もりを出来る図面を作成します。実施設計と言います。
9. 細部を打ち合わせしながら、設計を完了し、施主の承認を得ます。
10. 設計図面に基づいて積算(材料の拾い出し)し、設計内訳書(設計金額)を作成します。
11. 計画予算内に納まっていればこれが「予定価格」になります。
ここで初めて工事施工者に設計図面を渡し見積りを依頼します。

設計図面も予定価格もしっかりしていますので何社に見積り依頼しても、金額に安、高の差があっても同じ建物に変わりはないのです。(監理が必要になりますが)
12. 役所の場合は上記で入札になり最低価格者と契約になります。
ここまでが設計委託ということになります。
Prev WORKS-TOP- Next
TOP Profile SideStory Works Build Plan blog Link
製作・著作 ひらだて設計 代表 平舘 敦
青森県十和田市三本木下平152−8
Tel 0176-25-6697 Fax 0176-25-6715